大豆粉データ

食品化学の実験室の科学者が、60個の大豆粉のサンプルを分析します。各サンプルの水分と脂肪分を調べ、88波長で近赤外線(NIR)スペクトルデータを記録します。科学者は60サンプルからランダムに54サンプルを選択し、PLS回帰を使用して応答変数(水分と脂肪分)と予測変数(88 NIR波長)との関係を推定します。残りの残り6つのサンプルは、モデルの予測能力を評価するために検定のデータセットとして使用します。

このデータを使用して、偏最小二乗について説明することができます。

ワークシートの列 説明 変数の型
C1~C88 54個のサンプルの88波長でのNIRスペクトルデータ 予測変数
水分 各大豆粉サンプルの水分 応答
脂肪 各大豆粉サンプルの脂肪分 応答
C91~C178 検定セットとして使用した6個のサンプルの88波長でのNIRスペクトルデータ 予測変数
水分2 検定セットの各大豆粉サンプルの水分 応答
脂肪2 検定セットの各大豆粉サンプルの脂肪分 応答
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください