樹脂の欠陥データ

ある品質エンジニアが、成型樹脂部品の変色と詰まりという2種類の欠陥について懸念しています。最終製品の縞状の変色は、ホースの汚れと樹脂ペレットとの摩擦が原因で発生する可能性があります。また、高温下で移送速度を速くして工程を実行すると、詰まる可能性が高くなります。エンジニアは、応答(欠陥)の予測変数として、3つの可能性を特定しています。エンジニアは、予測変数水準をさまざまな値に変えながら、1時間のセッションにおける各タイプの欠陥の数を記録します。

このデータを使用して、適合ポアソンモデルについて説明することができます。

ワークシートの列 説明 変数の型
洗浄後の経過時間 作業者がホースを洗浄してから経過した時間数: 0~8 連続予測変数
ねじのサイズ ペレットを移送ホース中で移動させるねじのサイズ: または カテゴリ予測変数
温度 樹脂の温度: 80または215 連続予測変数
変色 1時間当たりの変色欠陥数 応答
詰まり 1時間当たりの欠陥となり得る大きさの詰まり 応答
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください