パーティクルボードの剛性データ

家具製造工場の材料エンジニアは、自社が使用するパーティクルボードの剛性を評価したいと考えています。エンジニアは、異なる温度でさまざまな密度を取るパーティクルボード片から剛性データを収集します。

このデータには2つ予測変数があるため、このデータを使用して、適合回帰モデルについて説明することができます。また、1つの予測変数で適合線プロットを使用することもできます。

ワークシートの列 説明 変数の型
密度 各ボードの密度値 予測変数
剛性 各ボードの剛性値 応答
温度 密度と剛性のデータが収集された温度 予測変数
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください