ランダムバッチを使用した薬品保存期間データ

ある製薬会社の品質エンジニアが、薬剤の保存期間を特定したいと考えています。薬剤の有効成分の濃度は時間が経つにつれて減少します。エンジニアは、目的の濃度の90%にいつ達するのかを特定したいと考えています。可能なバッチの、より大きい母集団から薬剤のバッチを8つランダムに選択し、各バッチから1サンプルずつ9回の異なるタイミングで試験します。

このデータセットを使用して、安定性分析について説明することができます。

適合モデルが含まれるデータを使用すると、安定性分析予測について説明することができます。

ワークシートの列 説明
実行順序 実験の実行順序
試験されたサンプルが製造されてからの月数: 0、3、6、9、12、18、24、36、48
バッチ 各サンプルが属するバッチ: 1~8
薬品濃度 各サンプル中の薬品濃度(応答)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください