焼結時間データ

あるエンジニアが、3種類の金属を対象とし、焼結時間が圧縮強度に及ぼす効果を評価したいと考えています。エンジニアは、各金属タイプのサンプルを5つ取り、焼結時間をそれぞれ100分、150分、および200分に設定して圧縮強度を測定します。

このデータを使用して、多変量管理図およびその他の因子と応答データを使用する分析について説明することができます。

ワークシートの列 説明 変数の型
焼結時間 金属を焼結する時間: 100、150、200 因子
金属タイプ サンプルに使用されている金属のタイプ: 1、2、3 因子
強度 各サンプルの圧縮強度 応答
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください