プレッツェルのカラーデータ

研究チームは、焼きプレッツェルの品質特性に影響を与える因子に関するデータを収集します。変数には、などのプロセス設定 と、などの粉のプロパティが含まれますミックスツール小麦粉タンパク質

このデータを使用して、重ね合わせについて説明することができます 主要な予測変数を検出TreeNet® 分類

ワークシートの列 説明
小麦粉タンパク質 粉の中のタンパク質含有率。
プレッツェル生地の水分含有率。
ミックスタイム 生地を寝かせる前に機械が生地を混ぜる時間。
休憩時間 機械が生地を成形して調理する前に生地を寝かせる時間。
焼く時間 生地を焼き上げ温度2および焼き上げ温度3のオーブンに入れておく時間の合計。
乾燥した時間 生地をオーブンから出した後に窯に入れておく時間。
焼き温度1 機械が防腐剤の溶液を適用する間のオーブンの温度。
焼き温度2 機械が防腐剤の溶液を適用した後、温度が焼き上げ温度3に変化する前のオーブンの温度。
焼き温度3 最後の焼き上げにおけるオーブンの温度。
窯温度 焼き上げ後にプレッツェルを乾かす窯の温度。
苛性濃度 機械が生地に適用する防腐剤溶液の濃度。
ミックススピード 混合機の速度の設定
小麦粉の大きさ 第2サンプルのサイズ
膨潤能力 水の添加による体積増加
吸水能力 小麦粉のグラムに結合する水の量
吸油能力 小麦粉のグラムに結合する油の量
エマルジョン活性 混合液の高さに対するエマルジョン層の高さの比率
乳化安定性 混合物の高さに対する乳化層の高さの比率
泡容量 ホイッププロセス後の泡の体積
泡の安定性 泡立ちプロセスの 1 時間後に残る泡のパーセント
ゼラチン化温度 加熱プロセスが完全なゲルを生成するときの温度
最も少ないゲル化濃度 冷却プロセス後に滑らない完全なゲルの濃度
かさ密度 圧縮小麦粉の密度
ミックスツール 小麦粉を混ぜる道具の形状
安静表面 機械が生地を成形して調理する前に生地を寝かせる時間。
オーブンモード1 オーブンが放射、対流または伝導を通して熱を適用するかどうか
オーブンモード2 オーブンが放射、対流または伝導を通して熱を適用するかどうか
オーブンモード3 オーブンが放射、対流または伝導を通して熱を適用するかどうか
窯法 窯内のプロセスが単一パスを使用するか、複数のパスを使用するか
受け入れ可能なプレッツェル プレッツェルに品質特性の許容値があるかどうか
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください