射出成形データ

研究チームは、射出成形プロセスのデータを使用して、プラスチック部品の強度タイプを最大化する機械の設定を研究したいと考えています。変数には、機械の制御、様々なプラスチック製法、射出成形機が含まれます。

このデータを使用して、重ね合わせについて説明することができます主要な予測変数を検出TreeNet® 回帰

機械 断熱材を作成した機械: 1、2、3、41、2、3、または4
公式 製法1または製法2
射出圧力 射出圧力: 75または150
射出温度 射出温度: 85または100
冷却温度 冷却温度: 25または45
溶融温度ゾーン1 射出ノズルのゾーン1の温度
溶融温度ゾーン2 射出ノズルのゾーン2の温度
溶融温度ゾーン3 射出ノズルのゾーン3の温度
溶融温度ゾーン4 射出ノズルのゾーン4の温度
溶融温度ゾーン5 射出ノズルのゾーン5の温度
金型温度 射出プロセス中の金型内部の温度設定
ポジションの変更 プロセスが流れ制御から圧力制御に変わったときのねじの距離
スクリュークッション ねじの前のバレルの材料の量
ねじ回転速度 プロセス中にネジが回転する速度
圧力を保持する 射出機のホールド圧力設定
背圧 ねじの背圧
乾燥温度 部品の乾燥機内温度
乾燥時間 部品が乾燥機の中にある時間
プラスチック温度 注入プロセスに入るプラスチックの温度
プラスチック流量 射出プロセス中のプラスチックの流量
測定時の温度 応答測定時の温度(共変量)
強さ プラスチックの強度(応答)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください