心臓病2値データ

ある研究チームが、心臓病に影響を与える要因に関する詳細な情報を収集し、公開しています。変数には、年齢、性別、コレステロール値、最大心拍数などがあります。

このデータを使用して、ベストモデルの検出(2値応答) について説明することができます。

ワークシートの列 説明
年齢 患者の年齢
セックス 患者の性別: 0 は女性を表し、1 は男性を表します。
胸痛タイプ 胸痛のタイプ: 0、1、2、または3
レスト血圧 患者の安静血圧(mm Hg)
コレステロール 患者の血清コレステロール値(mg/dl)
断食血糖 患者の空腹時の血糖値が> 120 mg/dlであるかどうか:0いいえ、1はい
レスト心電図 安静時心電図の結果:0、1、2
最大心拍数 得られた最大心拍数
運動狭心症 患者が運動誘発狭心症を有するかどうか:1 は 「はい」を表し、0 は「いいえ」を表します。
オールドピーク 安静時と比較して運動により誘発されるST降下
斜面 ピーク時運動STセグメント傾き:0、1、2
主要な船舶 蛍光症によって着色された主要な血管の数:0、1、2、3、または4
タール 欠陥の種類:0は「未確定」、1は「固定」、2は「正常」、3は「可逆的」を表す
心臓病 患者が心臓病を持っているかどうかを示す2値応答:0 は 「はい」、1 は「いいえ」を表します。

参考文献

このデータは、心臓病に関する詳細情報を含む公開データセットに基づいて調整されました。archive.ics.uci.eduからの元のデータ。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください