広告効果データ

あるマーケティングアナリストが、ダイレクトメール、新聞広告、および雑誌広告の3種類の宣伝の相対的な宣伝効果を比較したいと考えています。アナリストは乱塊実験を実行します。このマーケティング会社では12のクライアントを対象に3種類の宣伝を1年間行い、各種類に対する1年間の応答をパーセンテージで記録しました。

このデータを使用して、Friedman検定およびその他の乱塊法によるデータを使用する分析について説明することができます。

ワークシートの列 説明
応答 効果得点(応答)
会社 顧客識別番号(ブロック)
広告タイプ 印刷物広告の種類: ダイレクトメール雑誌新聞(処理)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください