ビジネス基準データ

あるビジネス分析者が、活躍のめざましい中小の製造業者22社を、今後の分析のために意味のあるグループに分類したいと考えています。分析者は、顧客数、利益率、売上高、営業年数に関するデータを収集します。分割プロセスを開始するために、これらの会社を初期グループとして既成企業、成長企業、有望企業の3つに分けます。

このデータを使用して、クラスター分析 - K-Means法行列散布図、およびその他の複数の関連する測定変数を用いる分析について説明することができます。

ワークシートの列 説明
会社 会社識別子
顧客数 会社の顧客数
利益率 前年の投資(広告)に対する利益率(売上)
売上高 前年の売上高
年数 会社の営業年数
初期推測 クラスター分析 - K-Means法の分析用:顧客数、利益率、売上高、営業年数に基づいた、分割プロセスを開始するためのクラスターメンバーシップの最良の初期推測:0 = 推測なし、1 = 既成企業、2 = 成長企業、3 = 有望企業
グループ クラスター分析 - K-Means法の分析結果:グループの最終分割
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください