ガラス屈折の測定データ

ある工程エンジニアが、ガラス製造工程のガラス屈折測定システムを評価したいと考えています。エンジニアの依頼により3人の測定者が22個のガラス部品の屈折特性を2つの作業場所で測定します。

このデータを使用して、拡張ゲージR&R分析について説明することができます。

ワークシートの列 説明
部品 部品識別子
測定者 ガラス部品の測定者: 1、2、3
測定場所 測定場所: 1または2
測定値 各ガラス部品の屈折測定値
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください