エポキシパイプコーティングデータ

あるエンジニアが、パイプコーティング工程での測定システムの変動を評価したいと考えています。エンジニアは予想される工程変動範囲を代表する10本のパイプを選択します。各パイプは速硬性エポキシまたは遅硬性エポキシのどちらかでコーティングされます。エンジニアは、コーティングの違いによって部品間変動が発生するかどうかを調べようとしています。3人の測定者が10個の部品をランダムな順序で4回ずつ(各コーティング2回)測定します。

このデータを使用して、拡張ゲージR&R分析について説明することができます。

ワークシートの列 説明
部品 パイプ識別子: 1~10
作業者 パイプコーティングの厚さを測定した測定者名: JohnMariaSergio
コーティング コーティング識別子: 遅乾性または速乾性(固定因子)
コーティングの厚さ コーティングの厚さ
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください