ベアリング直径データ

あるエンジニアが、ベアリングの内径の測定に使用する測定ゲージの線形性と偏りを評価したいと考えています。エンジニアは予想される測定値の範囲を代表する5個の部品を選択します。部品の参照(マスター)値を決定するため、レイアウト検査を行い、各部品を測定しました。次に、1人の測定者が各部品を12回ずつランダムに測定しました。エンジニアは、事前に分散分析法を使用して交差ゲージR&R分析を実行しており、合計基準変動が16.5368であることが分かっています。

このデータを使用して、ゲージの線形性と偏りの分析について説明することができます。

ワークシートの列 説明
部品 部品識別子: 1~10
マスター 既知の標準測定値
応答 測定した各部品の直径
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください