注文処理の実験

西部配送センターには新しい注文処理システムがあります。新しいシステムで注文品の準備に要する時間を短縮できるかどうかを確認する必要があります。また、センターには、2つの異なる梱包工程があります。どちらの工程がより効率的なのかを判断する必要があります。どのような因子の組み合わせによって注文品の配送準備に要する時間を最短にできるかを検定するために、因子実験を実行することにします。このデータを使用して、入門ガイドの第5章のように要因計画の分析をデモンストレーションできます。

西部地域の配送センターのチームは、データを収集して、注文処理システムと梱包工程の最適な組み合わせを見つけます。

ワークシートの列 説明
標準順序 標準順序(イェイツ順序とも呼ばれる)での実行順序。
実行順序 ランダム順序での実行順序。
中心点 中心点。この計画には中心点はありません。
ブロック ブロック。この計画では、すべての計画点は1つのブロックに含まれます。
注文システム 注文処理システム:または(因子)。
梱包 梱包工程:AまたはB(因子)。
時間 注文品の配送準備に要する時間数(応答)。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください