密封の強度データ

あるパッケージエンジニアが、製品を入れるポリ袋の密封が、漏れを防げるよう十分に強く、しかし、消費者が袋を開けられないほどには強くないことを確認する必要があります。エンジニアは、密封強度を24~28ボンド(下限および上限)の間で目標を26ポンドとして最適化したいと考えています。また、密封強度の変動は1以下になるように最小化したいと考えています。エンジニアは、ホットバーの温度、保圧時間、ホットバーの圧力、および密封材料の温度が密封強度に影響を与える因子であると判断しています。また、ホットバーの温度と保圧時間が変動を減らすための重要な因子であるとも判断しています。エンジニアは、密封の強度と変動に影響する因子を調べるため、中心複合応答曲面実験を計画します。

このデータを使用して、応答曲面計画を分析について説明することができます。このデータをモデルと共に使用すると予測要因計画プロット等高線プロット曲面プロット重ね合わせ等高線プロット、および応答の最適化機能などの応答曲面コマンドについて説明することができます。

ヒント

計画の概要を表示するには、ウィンドウ > Project Managerを選択し、ワークシートのフォルダ内の計画をクリックします。

ワークシートの列 説明
標準順序 標準順序(イェイツ順序とも呼ばれる)での実行順序
実行順序 ランダム順序での実行順序
点タイプ 計画点タイプ:0 = 中心点、1 = 頂点、-1 = 軸点
ブロック ブロック。この計画では、すべての計画点は1つのブロックに含まれます。
ホットバー温度 ホットバーの温度(連続因子)
保圧時間 保圧時間(連続因子)
ホットバー圧力 ホットバーの圧力(連続因子)
材料温度 材料温度(連続因子)
強度 密封強度(ポンド)(応答)
強度変動 密封強度の変動(応答)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください