プラスチックの抗張力データ

あるプラスチック製造会社の材料エンジニアが、プラスチック製品の抗張力を高める計画を立てています。エンジニアは、抗張力に寄与する可能性がある因子として、処理温度、添加物、攪拌速度、処理時間などを特定し、評価します。処理オーブンの温度は変更するのが困難であるため、エンジニアは分割完全実施要因計画実験を計画し、温度を一定に保ちながら各温度設定に対して他の因子を変化させます。

このデータを使用して、分割実験計画の要因計画の分析について説明することができます。

ヒント

計画の概要を表示するには、ウィンドウ > Project Managerを選択し、ワークシートのフォルダ内の計画をクリックします。

ワークシートの列 説明
標準順序 標準順序(イェイツ順序とも呼ばれる)での実行順序
実行順序 ランダム順序での実行順序
計画点タイプ 計画点タイプ。この計画には頂点のみがあります(1)。
ブロック ブロック。この計画では、すべての計画点は1つのブロックに含まれます。
プロット全体指標 プロット全体指標:1、2、3、4
温度[HTC] 温度:-1または1(変更が難しい因子)
添加剤 添加物の割合:-1または1(因子)
速度 撹拌速度:-1または1(因子)
時間 処理時間:-1または1(因子)
強度 プラスチックの強度(応答)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください