ゴルフボールデータ

あるゴルフ用品メーカーの技師が、飛距離を最大限伸ばせるゴルフボールをデザインしようとしています。技師は4つの制御因子(コアの素材、コアの直径、ディンプルの数、カバーの厚さ)と、1つの雑音因子(ゴルフクラブの種類)を特定しています。各制御因子には2つの水準があります。雑音因子は、ドライバーの飛距離と5番アイアンの飛距離という2種類のゴルフクラブです。技師はゴルフクラブのタイプ別に飛距離を測定し、ワークシートの2つの雑音因子列にそれらを記録します。

このデータを使用して、タグチ計画の分析について説明することができます。

ワークシートの列 説明
素材 ゴルフボールのコアの素材:液体またはタングステン(制御因子)
直径 ゴルフボールのコアの直径:118または156(制御因子)
ディンプル くぼみの数:392または422(制御因子)
厚さ ゴルフボールのカバーの厚さ:0.03または0.06(制御因子)
ドライバー ドライバーのゴルフクラブ(雑音因子)でのゴルフボールの飛距離(応答)
アイアン 5番アイアンのゴルフクラブ(雑音因子)でのゴルフボールの飛距離(応答)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください