食品の損傷データ

食品の科学者は2水準要因計画を分析して、防腐剤の種類、真空パッケージ圧、汚染レベル、冷却温度が果物にどのような損傷を与えるかを判定します。応答は、500コンテナ分の果物のサンプルに損傷が検出されたか、されなかったかを、2値で表します。

このデータを使用して、要因計画の2値応答の分析について説明することができます。

ワークシートの列 説明
標準順序 標準順序(イェイツ順序とも呼ばれる)での実行順序。
実行順序 ランダム順序での実行順序。
中心点 中心点。この計画には中心点はありません。
ブロック ブロック。この計画では、すべての計画点は1つのブロックに含まれます。
防腐剤 食品の防腐剤:計算式1または計算式2
真空プレス 真空の密閉圧力:5または25
汚染レベル 初期の汚染レベル:5または50
冷却温度 貯蔵庫の冷却温度:10または20
損傷 電子センサーで損傷が検知された果物のコンテナ数
コンテナ サンプルとして抽出された果物コンテナ数
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください