水晶成長計画

ある材料科学者が、水晶成長の変動性の大部分を説明する4つの因子を特定しました。科学者は水晶の成長に最適な条件を定義するために中心複合応答曲面実験を計画します。計画を作成した後で、利用できるリソースが限られているために、実験に含めることができる計画点の数が20個までであることが分かりました。

この水晶成長計画を使用して、応答曲面の最適計画を選択D-最適性オプション)について説明することができます。この水晶成長最適計画を使用して、応答曲面の最適計画を選択計画の追補か改善オプションおよび計画の評価オプション)について説明することができます。

ヒント

計画の概要を表示するには、ウィンドウ > Project Managerを選択し、ワークシートのフォルダ内の計画をクリックします。

ワークシートの列 説明
標準順序 標準順序(イェイツ順序とも呼ばれる)での実行順序
実行順序 ランダム順序での実行順序
計画点タイプ 計画点タイプ:0 = 中心点、1 = 頂点、-1 = 軸点
ブロック ブロック。このデザインには、科学者が30の実行に必要な期間を表す2つのブロックがあります。
A 因子A:水晶が触媒にさらされる時間
B 因子B:曝露室内の気温
C 因子C:曝露室内の気圧
D 因子D:空気中に占める触媒のパーセント
最適点 最適計画点指標:1 = 最適計画内の計画点、0 = 最適計画に含まれない計画点(水晶成長最適計画データセットのみ)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください