電線不良データ

ある品質エンジニアが、電線の絶縁工程を評価したいと考えています。エンジニアは、無作為に抽出した長さの電線を用意し、それらの電線にテスト電圧を印加して絶縁の弱い部分があるかどうかテストします。そして、弱い部分(欠陥)の数とメートル単位の各電線の長さを記録します。

このデータは欠陥数なので、このデータを使用して、U管理図またはポアソン分布の工程能力分析について説明することができます。

ワークシートの列 説明
弱い部分 電線サンプルの弱い部分の数
長さ 電線の長さ。これはサブグループサイズです。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください