ベニア板製造データ

ある生産エンジニアが、ベニア板の製造に使用する木片の切り出しを最適化したいと考えています。木片を切り出すには、両端に挿入したチャックによって丸太を固定します。そして丸太が回転し、電動のこぎりで薄い層に切り落されます。エンジニアは、丸太の直径、丸太の温度、およびチャック深度がそれぞれ異なる条件で、チャックを丸太からはずれさせることなく適用できる回転力を測定します。

このデータを使用して、主効果プロットおよび交互作用プロットについて説明することができます。

ワークシートの列 説明 変数の型
直径 丸太の直径: 4.5または7.5 因子
深度 チャック深度: 1.00、1.50、2.25、3.25 因子
温度 丸太の温度: 60、120、150 因子
回転力 チャックをはずれさせることなく丸太にかけられる回転力 応答
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください