自動車のロック評価データ

ある自動車部品供給業者が、自社が提供するドアロックの有用性と品質を評価します。ロックは3つの工場で2つの異なる方法を使用して製造されています。製造管理者は、製造方法と工場が最終製品に影響するかどうかを調べたいと考えています。そこで、各工場から各方法で生産されたロックのデータを収集します。

このデータを使用して、一般多変量分散分析について説明することができます。

ワークシートの列 説明 変数の型
方法 ドアロックの製造に使用される方法: 方法1または方法2 因子
工場 ドアロックを生産する工場: 工場A工場B工場C 因子
有用性評価 主観的な有用性評価 応答
品質評価 主観的な品質評価 応答
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください